OHATAスタイルのこだわり

ダブル断熱システム

OHATAスタイルの家は、建物の外側には断熱材を施工する外断熱を、さらに壁内にも断熱材を施工するダブル断熱を行っています。

ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかるというデメリットがありますが、みなさんに永く健康で暮らせる家に住んでいただきたいと考え、OPUSスタイルでは外断熱&セルロースファイバーのダブル断熱を標準仕様にしています。


日本の風土にあわせたシステム

日本の住宅の寿命は22年から30年程度といわれています。それに対して欧米は40年から100年といわれています。この大きな違いはどこから生まれるのでしょうか?
答えは「断熱」です。

日本の住宅は、元来より夏涼しく過ごすため、風を多く取り入れるつくりになっていました。しかし、近代になり、冬の寒さを しのぐため、風を遮った隙間の無い住宅がつくられるようになりました。そうすると、夏の暑い時期には湿気が室内にこもり壁内 の構造体などに吸収され、冬の寒い時期にはサッシや壁面で起きる結露により、水分が内部へと浸透してしまいます。 そうした水分が構造体を腐らせ、カビの発生を助長し、住宅の寿命を縮めているのです。

そういった現象を防ぎ、長寿命の住宅を 実現するためには、断熱性能が高いことと、水分のコントロールが出来ることが必要なのです。

そこで当社では、外断熱システム「フォルテ」と自然素材の内断熱である「ファイバーエース」を組み合わせた「ダブル断熱」を ご提案いたします。このダブル断熱により、水分のコントロールが可能となり、住まいの寿命を永くすることに成功しました。



外断熱と内断熱のメリットを併せ持つダブル断熱

ダブル断熱は内断熱にファイバーエース、外断熱にフォルテウォールをあわせた断熱工法です。ファイバーエースという断熱材は新聞紙を原料としたリサイクル製品で、一般的に使われる内断熱材よりも品質に優れかつ格段に少ないエネルギーで製造が可能な、地球の将来を考えたエコロジーな断熱材です。
外断熱に使うフォルテウォールは雨水は通さず、水蒸気は通すという特殊な素材です。これらの技術は、厳しい基準をクリアして国土交通省の認定を受けており、安全で安心であるということが証明されています。

※ファイバーエース(セルロースファイバーのオーパスにおける呼称)



ダブル断熱の特徴

結露防止

木造住宅の大敵「結露」を防止して住宅寿命を延ばします。

結露は室内と室外の温度差によって発生します。ダブル断熱はファイバーエースとフォルテウォールの効果で室内外の温度差を少なくし結露を起きにくくします。



調湿効果

ファイバーエースは木質繊維のため、湿気を吸ったりはいたりする調湿効果があります。そのため、建物は常に快適な湿度に保たれます。



防虫効果

ファイバーエースにはゴキブリ駆除で有名なホウ酸団子に似た成分(ホウ素系薬剤)が含まれるため、ゴキブリ、カビ、ダニ、虫類、ネズミ等を寄せ付けません。ホウ酸は眼科における殺菌洗眼にも使用される安全なものです。


防音効果

弊社の住まいは、騒音を最小限に抑えたノンストレスな住まい。そのヒミツは壁の中にパンパンに詰まったファイバーエース(セルロースファイバー)。

ファイバーエースはそれ自体に多数の微細な穴があり(多孔性)、吸音効果があります。さらに、高密度(グラスウールの3~4倍)に隙間なく充填することにより、壁の中には音を伝える役割を持つ空気がほとんど存在しない状態になるので、室内外からの騒音が伝わりにくくなります。

セルロースファイバーは、アメリカでは空港周辺の防音材として使用されるほど 優れた防音効果があります。 実際にファイバーエースが施工されたオーパスのモデルハウス萌樹(岐阜県美濃加茂市)は、交通量の多い道路に面しているにもかかわらず、車のエンジン音などの騒音をほとんど感じない、ノンストレスな住まいとなっております。

また、オーパスではセルロースを使った遮音構造で、国内で初めて国土交通省から認定(界壁の遮音認定)を受けています。



難燃性

ファイバーエースは原料が新聞リサイクルで一見燃えやすいように思われますが、ホウ素系薬剤が成分に含まれるため燃えにくくなっています。ホウ素系薬剤は燃え広がらない性質を持っています。オーパスのファイバーエースは一般に普及しているセルロースファイバーの4倍以上もこのホウ素系薬剤を含んでいます


安全性・省エネ

フォルテボードは燃焼を継続しない性質を持ち安全性が高くなっています。この安全性については国土交通省の認定も受けています。

ダブル断熱の優れた断熱効果により冷暖房費が軽減されます。

ダブル断熱は一般的な工法よりも手間やコストはかかるが「長く、健康的な家に住むことができる」という何物にも変えがたいメリットが あります。